· 

偽物 VS 本物

今日もこのブログへお越しくださりありがとうございます。

 

「偽物 と 本物」 を見分けるのは、微妙なことで、とても難しいと思っています。

言葉で表現するには限界があり、私の表現に語弊があるかもしれませんが、

思い当たる表現を描いてみました。

偽物に惑わされないためのトレーニングになるといいなと思って、言語化してみました。

 

『 偽物 VS 本物 』

 

外側から見えること VS 内側から湧くこと

 

世間から見られる姿 VS 自分の本心

 

いい人でありたい VS 生き生きとしていたい

 

人を喜ばせたい VS みんなで喜びにあふれたい

 

勲章をもらった事実 VS 実動している瞬間の充実感

 

獲得した感触 VS 一体感と幸福感

 

超格好いい! VS めっちゃ楽しい!

 

自分への誇らしさ VS 周囲への有難さ

 

人の期待に応えよう VS 自己自身の内なる憧れに沿いたい

 

お金がたくさん欲しい VS 豊かにお金を使いたい

 

私が常識的、彼は(彼女は)非常識 VS 私にも彼にも(彼女にも)相応の事情がある

 

私はピアノがうまい VS ピアノが弾けて幸せだ

 

ピアノコンクールで優勝してうれしい VS ピアノを弾くと自分も人も喜んでくれて有難い

 

この曲集を全部弾いて合格をもらったぞ VS この曲集の一つ一つが楽しかったな

 

先生褒めてくれなくてやだな VS 先生ったら私の成果に気が付かなかったのね

 

以上・・・ このくらいにしておきます(笑)

 

微妙だけど、違うと思うのです。

外側に見える姿は同じで、中身が違うのです。

偽物は少々の不安と恐れが伴い、本物は安心と喜びがベースなのです。

偽物は不足感が抜けないけれど、本物は充足感なのです。

偽物には痛みが残り、本物には解放感や感謝があるのです。

 

ちょっとしたことの思い方の積み重ねって、大切だと思います。

 

レッスンで生徒さんと接する時にも、偽物と本物の違いに気付ける自分でありたいものです。

 

またこのブログへぜひいらしてくださいね。

 

立川市 ピアノ教室ソラージュ