· 

無心は幸せ

今日もこのブログへ来てくださり、ありがとうございます。

年末の慌ただしさの中、開いてくださったのでしょうか。

 

そろそろ、年末の大掃除をする時期になりました。

年末はお正月に備えて料理も忙しくなりますね。

 

ハッと気づいたことがありました。

この年末は一旦ピアノを自分の頭から閉め出して、家庭のことだけを考えるべきではないかと。

ピアノ教室ソラージュも今年は24日から二週間強の冬休みに入るので、私もリセットしてみようと思い立ちました。

白状しますと私はこの数ヶ月、異様なほどピアノの指導と練習に熱中しておりました。

こんなに楽しいものは他にない、というのが本音です。

ピアノがあまり楽しいと、家事が面倒くさくなるという現象が起こるので、これはこれで問題でした。

そんなわけで、年末年始くらい100%家族と楽しい時間を過ごすことだけに専念してみようと、突然思い立ちました。

 

 

あまり頭を使わないで無心でやる家事が幸せだと思います。

買い物するときは買い物のことだけに集中。

 餃子の具を包むときには、綺麗に包むことだけを考えて包む。

キャベツを刻むときには、美しい千切りを思い描いて集中する。

洗濯物を干すときは効率よく風が通る干し方を考える、それだけ。

洗濯物を畳むときも、美しく整えることだけを考える、それだけ。

 

我が家に赤ちゃんがいた頃、いつでも赤ちゃんのオーダーに応えられる構えでいたので、難しい集中力の必要な仕事を

もっていませんでした。「赤ちゃんがいるから」という理由で完璧に出来ないことがあっても許される気がしたし、

身だしなみも髪型も適当で、家庭生活の中にどっぷり浸かる日々。

この頃は今よりも急がない家事をしていたような気がします。

それに加えて赤ちゃんが可愛い!と来ます。

自我が芽生えておらず、自己防衛の必要が無く、全面的な信頼を寄せてくる赤ちゃんと一緒に過ごす時間は、

かけがえのない宝の時間だったと思います。長女が生まれてから次女に引き継がれた我が家の「With赤ちゃん時代」が

終わりを告げたのは次女が2歳を超えて、自我の形成が進むのを感じた頃でした。4,5年も赤ちゃんと暮らしていると、

赤ちゃんの存在がいなくなるのが寂しくて、もう一人産みたいな!と思ったのを覚えています。

無心な赤ちゃんと一緒にいると、明日や未来の心配はさておき、今の笑顔だけで心がいっぱいになりました。

赤ちゃんマジックですね。懐かしい限りです。

そしてその後、色々な苦労がありました!!!

どこの家庭もどんな人も、無いようであるのが苦労だなぁとつくづく思います。

だから「苦労さん来ましたか、こんにちは。ハイよろしく。」という構えで良いのですね。

 

ピアノ教室の仕事を再開してから2年以上が経ち、生徒指導の面白さも、自身の演奏の面白さも、盛り上がることこの上ない

のですが、ここいらで一旦心をほどいてみようと思います。

 

今週末から来月3週目が始まるまでの期間は、敢えて、自分の中のピアノは休息としてみよう。

その中で、もしかしたら思いがけない良いことを気づくかもしれませんね。

 

 

来週の月曜日にブログを更新するときには、ピアノ休息期間に入っていますね。

年末ですが、またブログを開いてくださったら嬉しいです。

 

寒さが厳しくなってきました。どうぞご自愛ください。

 

立川市ピアノ教室ソラージュ